子供の将来の身長の高さは4歳で予想することができる!

子供の将来の身長は、なんと4歳の時点で予想することができます!

 

実は、子供の身長が伸びる分岐点の一つ目は、4歳です。

 

人間が一生のうちでいちばん背が伸びるのが、生まれて4歳ぐらいまでの「乳幼児期」です。
標準的に、生まれたときに約50cm程度だった身長が4歳で約100cmになります。
生まれてから4歳になるまでの4年間で2倍になっていることになりますね。

 

人生のほかの時期にこれだけ身長が伸びることはありません。
そして、この0歳から4歳までの身長の伸びは、食べた量によってほぼ決まります。

 

つまり、生まれてから4歳まで、元気にたくさん食べた子供は大きく成長します。
逆に、ミルクをあまり飲まなかったり、離乳食を食べなかった子供はあまり背が伸びません。

 

乳幼児期にアトピー性皮膚炎や小児ぜんそくだった子供は、健康な子供に比べて、食べる量が少ない場合が多く、そのせいで身長が低いことがあります。

 

そして、4歳の時点での平均身長との差は、そのまま最終身長の差に影響します。
たとえば、4歳のときに平均身長より5cm背の低かった子供は、男の子なら平均の171cmより5cm低い166cmになり、女の子なら平均の158cmより5cm低い153cmになります。

 

つまり、4歳のときの平均身長との差が、そのまま最終身長での平均身長と差になるのです。

 

そして、この平均身長からのプラス・マイナスの考え方は4歳以外の他の年齢でも使うことができます。
例えば8歳や、10歳でそれぞれの平均身長から5cm低かった場合、最終身長も平均から5c,低いと予想できます。

 

このことから、4歳の時点での平均身長との差をその後に、取り返すのがとても難しいということがわかると思います。

 

ですので、4歳までにできるだけ大きく育てることが、その子供の将来の身長を決めるうえでとても大切になります。
そして、4歳までに大きくする方法は、1にも2にも、良く食べさせることにつきます。
食べ物が身体を作るといいますが、身長においても同様に、とにかくたくさん食べることが大切なことなのでう。

 

あきらめるのは早い!平均より小さい子供が身長を伸ばす方法は!?

ただ、だからといって、「もう子供の身長を伸ばすのは無理なんだ!」と諦めるのはまだ早いです。

 

これ平均身長との差から計算する考え方は、あくまで「予想身長」の話です。
4歳以降の子供の生活習慣や思春期がどのタイミングで訪れるかによって、最終身長は大きく変わります。

 

例えば、少食だった子供が改善されて、良く食べるようになり、さらに良い睡眠や生活習慣を送れば、最終的な身長はかなり伸ばすことができます。
しかし逆に、身長の伸びほぼが止まる15歳くらいまで、子供がずっと少食だったなら、平均身長との差はさらに開くことになります。

 

実は、将来の身長を決める2つ目のポイントが4歳から思春期前の時期なのです。

 

身長の伸びにおいて重要な時期として、成長期である、思春期の時期を思い浮かべるかもしれません。
思春期になると、男子は1年間に8〜9cm、女子は1年間に7〜8cmほど伸びます。
まさに伸び盛りの時期で、大きな子は10cm以上伸びることもあります。こうした身長が良く伸びる時期が約2年続きます。
その後は徐々に身長の伸びが少なくなり、3年くらいで伸びが止まります。

 

この成長期の約5年間で、男子は約25cm、女子は22cm身長が伸びます。

 

つまり、成長期の5年間は、どんな子供も身長の伸びる大きさはほぼ同じなのです。
ですので、思春期になる前に、どれほど背を伸ばすことができるのかが重要になります。

 

最終身長を高くするために大切なのは、思春期の成長期ではなく、思春期の前までの時期なのです。

 

身長の伸びにはパターンがある!身長を伸ばすには早めの行動が重要です!

上記をまとめると、

  1. 4歳のときの身長が最終身長に影響する。
  2. その後も少食の子供はさらに平均身長との差が年1cmずつ広がる
  3. 成長期にはどの子も成長するので、平均身長との差を取り返すのは難しい

 

身長を伸ばすアプローチは早いに越したことはありません。

 

子供さんがまだ4歳未満の場合は、できるだけ栄養のある物をたくさん食べさせるようにしてあげてください。

 

4歳以上の子供さんの場合、子供が少食だったり偏食の傾向があるのなら、好き嫌いなく食べられるように工夫してあげたり、必要な栄養素を十分摂取できる環境をつくってあげるなど、できるだけ早い段階で必要な対策を講じるようにしてください。