骨がたてに伸びることで、背が伸びていく

子供の身長を伸ばすには具体的にはどのようにすればよいのでしょうか?
子供の背を伸ばす方法を正しく理解するためにも、背の伸びる仕組みを知っておきましょう。

 

骨を伸ばす「骨端線」のできるしくみ

身長が伸びる子供

手足にある長い骨を「長幹骨」といいます。
大人の骨と違って子供の長幹骨には、両端に「骨端線」と呼ばれる薄い層があります。
この骨端線は軟骨組織でできていて、ここにある種の科学反応が起こることで、骨はぐんぐんと伸びていきます。
つまり子供の骨は、背が縦方向にぐんぐん伸びることで高くなるのです。

 

骨端線には「軟骨芽細胞」が存在し、これが分裂増殖して軟骨細胞になり、アミノ酸を取り込んで、自己の細胞内で骨の元となるコラーゲンをせっせと作り出しています。
つまり軟骨細胞がどんどんコラーゲンを生み出して肥大化することで、骨はぐんぐん伸びていくわけです。

 

それでは、何が骨端線の細胞に働きかけて、骨の成長を促しているのでしょうか。
これまでの研究で、

  • 成長ホルモン
  • 甲状腺ホルモン
  • 性腺ホルモン(男性ホルモン・女性ホルモン)

という3つのホルモンが骨を作る作業を行うことがわかっています。

骨を伸ばす

具体的には、これらのホルモンが骨端線に働きかけると、軟骨細胞が盛んにアミノ酸を取り込んで、コラーゲンを作ります。
コラーゲンは、簡単にいえばタンパク質でできた紐状の繊維質です。
骨端線でタンパク質の紐がつむがれては折りたたまれ、骨の本体となるコラーゲンができていきます。
このコラーゲン繊維の隙間に、カルシウムやリン、マグネシウムなどが吸着して、硬い骨へとなっていくわけです。

 

このように、骨端線の軟骨細胞内でどんどんコラーゲンを作り出すこたおで、骨は縦に縦にと伸びていきます。

 

しかし、骨端線はいつまでも存在しているわけではありません。
思春期の後半になると、しだいに軟骨芽細胞の増殖が衰えていきます。

 

すると、軟骨層(つまり骨端線)そのものが少しずつ硬い骨に置き換わっていきます。
そうして、完全に骨になってしまうと、骨端線は消失し、骨の伸びも止まります。

 

子供の背を高くするには、骨端線の存在している間に、可能な限り、成長反応を促進すればいいということになります。

子供の身長を伸ばす

子供の骨の「骨端線」のしくみ

  1. 骨端線「軟骨芽細胞」がコラーゲンを作り肥大する。
  2. 骨が縦に縦に伸びる
  3. 身長がぐんぐん高くなる。

 

「骨端線」ポイント

骨端線は思春期後半には働きが衰え、やがて「大人の骨」となり、完全になくなってしまいます。
背を伸ばすのは骨端線がなくなってしまう思春期後半それまでが勝負です。